お買い得情報

①1個無料ヒービス
企画
②お買上げプレゼント企画
③お買上げの方全員に健康情報・試供品等
プレゼント

ラポール いちおし ! コーナー

フェースブック

HOME»  コンテンツ»  氾濫する化学物質

氾濫する化学物質

★ 日用品に潜む経皮毒の恐怖

子供のキレやすい体質は経皮毒にあった!児童暴力、学級崩壊、学習障害など子供をとりまく問題は日用品に原因がある。それらに含まれる環境ホルモン、有害物質が 皮膚を経て脳を破壊している。プロピレングリコール(保湿剤)・・・染色体異常。 ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)・・・脳、心臓、腎臓に蓄積血液内に発癌物質を送る。  エデト酸(変質防止剤)・・・アレルギーの原因。タール色素・・・強力な発癌物質。  アルミニユウム・・・神経にダメージを与える 研磨剤・・・歯のエナメル質を破壊

現在、薬事法が数年前に、またまた改正され、内容成分を全て表示する事が義務付けられました。何故でしょうか。有害である処の指定成分と表示義務の無かった良い成分を共に表示すれば、消費者には結局何が何だか分からなくなるというわけです。 これが巨大メーカーのパワーですね。

★醤油について

安価な醤油は約4ヶ月位で製造しています。原料は脱脂大豆で作られます。これはヘキサンという化学物質で、油を抽出した大豆の搾りカスです。この原料は大量生産で製造できるので、メーカーは大変儲かります。本物の醤油は数百年も醸造菌(木樽で)が棲み続けるかけがえのない宝物。作りかたはまず蒸した大豆に炒って砕いた小麦を加えて種麹に3~4日入れて麹を作ります。一方、桶に水を張って、塩吊りという独自の方法で塩をじわじわ溶かしていき、塩水を用意します。麹菌を驚かせないよう少しづつ塩分濃度を上げる。この塩水に麹を加えて仕込み空気を送り込む。もろみが発酵、熟成するとプチプチという発酵の音と香りで、もろみ状態を判断し、もろみは手を入れてと訴えてきます。そして厳しい寒暖の変化を乗り越えて、もろみがすっかり熟成し納得のいく味になるのがおよそ3年後、仕上げのプロセスが舟搾りです。麻袋にもろみを入れて舟場に積み重ね、ゆっくり搾るため醤油に雑味がでることはありません。そして火入れをし発酵を止めて完成です。こんな伝統製法と添加物なしの3年物醤油を使用したいものです。

★石油原料はなぜ危険?
 

石油由来の原料のハミガキは多くの化学物質で作られています。一般のハミガキは企業側が製造しやすい、原料価格が安い、効果があるという理由から「健康」に対する配慮がないまま製造し、販売されています。粘膜である口の中は皮膚からの体内浸透に比べて、約13倍も体内吸収率があります。有害な化学物質は体内で日々蓄積され、人体にさまざまな副作用を引き起こします。

 

 

 

 

★一般のハミガキに使われている石油原料
 

 ①ラウリル硫酸ナトリウム(発泡、洗浄剤)・・・起泡、洗浄力が強い合成洗剤。洗車用洗剤やエンジンの油落としにも使用される。舌の味覚細胞を破壊するおそれがある。
 ②ハミガキ用リン酸水素カルシウム(研磨剤)・・・研磨力が強く、歯ぐきを痛めるおそれがある。
 ③サッカリン(甘味料)・・・トルエンから合成される人口甘味料。砂糖の500倍の甘味。
 ④パラベン(防腐剤)・・・安息香酸ナトリウム。皮膚、粘膜、
目の刺激胃腸障害などがおきる。
 ⑤塩化セチルピリジニウム(殺菌剤)・・・皮膚、粘膜の壊死、
  消化管吸収により致死性。

 

★放射能対策

放射能対策には国産の自然塩、酵母菌たっぷりの無添加味噌、無農薬玄米が有効です

 

★学校給食で死亡者

学校給食で死亡者がでました。食の欧米化で日本人はアレルギー体質の人が多いようです。母乳と牛の乳は働きが違います。牛乳は牛が飲むものです。抗生物質やホルモン剤などの薬品だらけの牛乳、又日本人は農耕民族なので、数千年前から穀物主体の食事をしていますので、乳製品を分解する酵素も少ないようです。血液を汚し、癌のエサになる肉類はもちろん、農薬、化学薬品だらけの学校給食は大問題です。これではアレルギー体質の人がふえても仕方ありません。もう少し家庭の食事、学校給食を真剣に考える必要があります。

地産地消を主体に日本古来の発酵食品、無添加の味噌・醤油、野菜・穀物の食生活に変えたいものです。

無添加化粧品

★化粧品で「無添加」とよくいいますが、何が無添加?化粧品の成分を見ても、カタカナばかりで、チンプンカンプン。実は化粧品は天然成分だけで作ることは難しく、品質保持のために必要に応じて、化学物質が配合されています。では無添加とは、こういった化学物質が含まれていないことをさすのでしょうか。残念ながら、そうではありません。法律などによる無添加の基準というものはなく、各メーカーの基準に委ねられているのが現状で、無添加=天然成分のみではありません。化粧品メーカーは、それぞれの研究や考えに基づいて様々な成分を配合した化粧品を販売しています。安全の基準はメーカーにより違います。だからこそ、化粧品の成分について関心を持ち、自分にあったものを使っていきたいものです

★無添加のラビアン化粧品は、徹底した安全性と細胞の活性化をコンセプトに、石油系界面活性剤・防腐剤・殺菌剤・合成香料・酸化防止剤・鉱物油・合成色素・旧表示指定成分、これらすべてを使用していないこだわりの完全無添加化粧品メーカーです。