お買い得情報

①1個無料ヒービス
企画
②お買上げプレゼント企画
③お買上げの方全員に健康情報・試供品等
プレゼント

ラポール いちおし ! コーナー

フェースブック

HOME»  コンテンツ»  マクロビオティック

マクロビオティック

マクロビオティックとは

「マクロビオティック」といわれるとなんだか難しそうと思われるかもしれませんが、実はとってもシンプル。「玄米菜食を中心として、その土地でとれたものを、その旬に食べる」を基本にすればよいのです。広い意味で、マクロビオティックとは自然の法則に調和する生き方。そして、人の健康と地球の健康を大きな視野から見ることです。その実践の基本が毎日の「食」になります。

マクロビオティックの祖は日本人、桜沢如一(1893~1966)。

海外ではジョージ・オーサワとしてしられています。桜沢如一は日本人の食養法と中国の陰陽論、そして現代科学と結びつけ、その思想と実践方法の普及につとめました。ジョージ・オーサワの名を受け継ぐオーサワジャパンは、桜沢如一の設立した「日本CI協会(当時MI塾)」を母体にして、食品の供給を目的として1948年創業されました。以来、食養法に欠かせない農薬・化学肥料・合成添加物などの化学物質を含まない食品の供給を続けています。また、玄米菜食が再評価されはじめた1965年には桜沢里真(桜沢如一夫人)によって「リマ・クッキングスクール」が開校され、現在は日本CI協会が運営し、多くの受講生がマクロビオティックの料理法を学んでいます。

マクロビオティックをはじめると・・・

マクロビオティックを実践していくことで体力が強まり、肌はきれいになって健康的にダイエットでき、よく眠れるようになり、血行もよくなるなど、身体面の変化が感じられます。精神面でも、気持ちが明るくなってストレスが減り、頭が冴えて判断力が向上し、人間関係が円滑になり、すべてがよい方向に動いていくのを感じることでしょう。今の食生活はちょっとまずいなと思ったら、まずは少しずつかえてみませんか。

マクロビオティックは伝統的日本食がお手本

マクロビオティックの基本食はとても簡単。玄米ご飯を中心に、わかめと油揚げの味噌汁に、野菜のいため煮やきんぴらなど、旬の野菜のおかずを添えていただきます。おかずを食べ過ぎないで、食事の半分はごはんなど穀類にすることも大切なポイント。原則として肉類、卵、乳製品は控えるようにします。イメージとしては、伝統的な日本人の食事です。これをよく噛んで食べ過ぎないことが健康の秘訣。昔の人ならごく当たり前のことばかりですね。

マクロビオティックは環境にやさしい

まず、肉などの動物食品をほとんど使わないため、油脂の使用量が少なく、食器を洗う洗剤や水の使用量が少なくてすむ。そして丸ごと食べるので、捨てる部分が少なく、ゴミが減る。これらのことで環境に与える負荷が少なくなりますね。一方、農薬や化学肥料を使わない野菜や穀物を求めることで、土や自然の力を活かした農業が育ち、地球環境の浄化につながります。地元や国内でとれる食べ物を優先させることで輸送に使われるエネルギーが節約できます。さらに、肉をとるための飼料になる穀物を人間が食べれば、今より数倍の人口が養え、飢えに苦しむ人々を救うことが出来るでしょう。マクロビオティックは個人の健康や幸福を増進するだけでなく、地球環境をよくし社会問題を解決に導く大きな側面を持っています。

マクロビオティック3つの基本

① 身土不二

「身体(身)と環境(土)は切り離せない(不二)」という意味です。身体は食べ物を含め、さまざまなものを自然の環境からとりいれています。人がその環境になじみ、健康に暮らしていくには、その土地、その季節にあった食べ物をとることが大切になります。住んでいる土地でとれるものなら理想的ですが、できるだけ国産の食べ物を、旬の時期に食べるようにしましょう。世界各地からあらゆる食べ物が集まり、冬でもキューリやトマトなど夏野菜が食べられる時代だからこそ、しっかり選ぶことが必要ですね。

★毎月1回山口県下関市でマクロビオティック料理教室開催中

 

②一物全体

「一つの物を丸ごと食べる」という意味。野菜なら皮、根、種も含め丸ごと食べましょうということです。全体を丸ごと食べることでバランスがとれ、栄養学などでは分析できない、特別の働きが期待できます。丸ごとといっても、米なら、もみ殻ごと食べるのは無理ですね。玄米がベストですが、胚芽米や分搗き米でもいいのです。穀類は精白したものではなく、小麦粉なら全体を使った全粒粉を使います。例えば玄米は土にまけば芽が出ますが、白米は腐ってしまいます。それほど玄米は生命力があふれています。魚も、丸ごと食べられる小魚を中心に。大きな魚は沢山食べないほうがいいでしょう。

 

③陰陽調和

東洋の伝統的な世界観「陰陽」は、マクロビオティックの考え方の柱となるもの。陰と陽は反対の力でありながらも、お互いを引き合い、助け合って、どちらも欠くことができません。この考え方を食べ物にあてはめると、体を締めるものは陽性で緩めるものは陰性、またあたためるものは陽性で冷やすものは陰性です。暑い季節には陰性の食べ物、寒い季節には陽性の食べ物が向くなど、カラダの健康を保つには陰陽のバランス、調和が大切という考えが基本になります。